ED治療薬に関連した資料

ED治療薬としてはさまざまな種類のものが知られていますが、これらはすべてPDE阻害剤とよばれているタイプの医薬品となっています。PDEというのは人体に存在している酵素のことであり、これが性器の血管の平滑筋とよばれる筋肉を収縮させてしまうため、男性機能に問題が生じてしまうのです。そのため、PDE阻害剤を服用することによって、このPDEという酵素のはたらきを抑え込み、逆に血管を拡張する方向に仕向けて、EDの症状の改善を図るのです。
こうしたED治療薬の効果・効能、あるいは副作用などに関する資料は、一般にも公開されているものが多く、より身近なところでは、製品にはかならず同梱されている添付文書があります。その他の資料については、現在ではそれぞれの製薬メーカーのホームページからもダウンロードして閲覧できるようになっている場合がほとんどです。この場合、一般のED治療薬の使用者向けの情報と、医療関係者向けの情報の2通りに分かれており、医療関係者向けの情報には、製品が医薬品として承認を受ける前段階の臨床試験における結果、副作用の具体的な症例など、使用者向けよりもさらに詳しい情報が掲載されています。
また、法律上の独立行政法人となっている医薬品医療機器総合機構という団体でも、ホームページのなかで患者向医薬品ガイドを公開しています。このガイドは医薬品の種類、名称、製薬メーカーなどをキーとして検索ができるようになっており、さまざまな医薬品の添付文書やインタビューフォーム、医薬品リスク管理計画などの資料が掲載されていますので、こうしたものを利用するという手段もあります。ただし、このガイドに登録されている販売名は、一般的な名称ではなく、有効成分である化学物質の名称になっている場合がありますので、その点には注意することが必要です。