ED治療薬を海外サイトから直接個人輸入

日本で正規に販売されている医薬品は、厚生労働省の認可を受けていて、効能や安全性がひとまず確認されています。
しかし国が医薬品を認可するスピードは遅く、海外ではすでに有効性の認められている薬が、日本では使用できないこともよくあります。
また認可された医薬品でも、純正品は価格が高すぎるため、海外で製造されたジェネリック医薬品を輸入する場合もあります。
ED治療薬は、その代表的な例として知られています。

このようなとき、業者が輸入して販売すれば違法になるので、多くは薬個人輸入の形を取ります。
自分自身で使うために輸入するなら、違法にはなりません。
ただし、もちろん麻薬や覚せい剤は輸入できません。
日本で認可されていない薬は、海外サイトなどを探せば見つけることができます。
自分で探すのが面倒な人のために、個人輸入の代行業者がサービスを提供しています。
また語学力があり、手間が気にならない人なら、直接個人輸入で手に入れる方法もあります。

ただし薬 個人輸入には、いくつかのリスクも存在します。
まず安全性が確認されていないため、万一副作用などの問題が発生しても、誰かの責任にはできません。
また効果のない偽造品を売りつけられる可能性もあります。
ネット販売では事前に現物を確かめられないため、購入には慎重を要します。

代行業者を使った場合は、商品が届かなかったり返金に応じてくれなかったりするトラブルも発生しています。
直接個人輸入なら、そのような心配はありませんが、薬そのもののリスクは自分が負わなければなりません。
効果が高く価格の手頃な未承認薬を使えるのは大きな魅力ですが、個人輸入するなら危険性も承知した上で行なう必要があります。

■効率良く勃起不全を改善したいならコレ
カマグラゴールドはジェネリック